スポーツサポーターの解説

スポーツを行う時、関節や筋肉には衝撃や疲労などの負担がかかります。


そして、負担がかかりすぎると関節痛や筋肉痛が引き起こされていきます。


そういった負担を軽減して各身体部位のトラブルを防止、または痛みを抑える働きを持つ器具がスポーツサポーターです。

スポーツサポーターはかなり有益な情報が揃っています。

スポーツサポーターは各スポーツでよく動かす部位ごとの種類があります。



そして、それぞれの種類に共通する機能が「圧迫」です。

圧迫することにより関節の固定を行い安定させます。
そして、筋肉は圧迫することで痛みが軽減され、血管のポンプ機能を助けることで疲労も抑えます。
しかし、圧迫しすぎるとかえって負担をかけてしまう場合があるため、そういったことを防ぐためにベルトによって圧迫具合を調整できる製品もあります。


膝用のスポーツサポーターではテーピングのようにベルトをクロスさせて固定するタイプもあります。

圧迫以外の機能としてはスポーツサポーターに編み込まれていることのある伸縮性のある繊維による動きのサポートがあり、それによって筋肉の機能を補助します。
タイツ状のものは全体に伸縮性のあるライニング処理が施されているものもあります。

また、膝用のサポーターには樹脂製のバーが入っている製品もあり、関節の左右のグラつきを防ぐことで痛みを防止します。



スポーツサポーターは上記のそれぞれの機能によって運動時のトラブルやケガの予防、発生してしまった痛みの軽減等に役立てられています。