オリジナルシャツを作ってみよう

自分だけのオリジナルデザインのシャツが欲しいという人もいるのではないでしょうか。もしも家庭用ミシンがあるという場合には、シャツを作ることができます。子供さん用の巾着やバッグを作るということがある人になれば、シャツを作ることは難しいものではありません。Tシャツやカットソーなどのニット素材になれば特殊な糸やミシンが必要になり、ウールなどの厚手生地なれば家庭用ミシンでは目飛びしてしまうこともあるものですが、シャツであれば伸びない素材なので縫いやすく薄手なので簡単に縫合することができます。

型紙は自分で作るというのは難しいのですが、最近ではネットで無料の型紙を手に入れることができたり手芸店でも販売されているので利用してみるといいでしょう。型紙には縫い代が付いていないので、縫い代を付けた大きさで裁断して行きます。前後身頃を縫合してから袖を付け、最後に衿を付けるという手順で行います。前開きのボタンは、ボタンホール用のアタッチメントを使用すれば簡単です。

ホールを縫った後にはホール穴をカットします。あとはホールの位置に合わせてボタンを手縫いで止めつけていきます。もしもミシンを持っていないという人であれば、オーダーメイドでも利用が可能です。フルオーダーでは高価なものですが、セミオーダーであればあらかじめ用意されているものの中から組み合わせていくだけなので、リーズナブルな価格で作ってもらうことができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*