補正下着は本当に理想のスタイルのなるのか

自分の体が理想のスタイルから離れているというとき、補正下着を使うこと脂肪を移動させて引き締めるところは引き締め出るところは出るように変えられます。それは補正下着をつけた間だけのことなのかというと、使っていくうちに脂肪が移動してお腹は痩せて胸が大きくなる、というように理想のスタイルを維持できるということが一般的に言われています。それが本当のことなのかというと違います。脂肪細胞は大きくなったり小さくなったりすることでスタイルに影響を与えますが、移動することはありません。

では補正下着をつけていて、体型には全く影響がないのか、というとそういうわけでもありません。というのも補正下着は脂肪を移動させるだけでなく姿勢を矯正する働きを持つ商品もあるからです。姿勢は血液やリンパ液の流れに深く関係しており、姿勢が悪いとそれらの流れが悪くなり老廃物や水分がたまりむくみがでやすくなります。でも補正下着によって正しい姿勢で生活できるようになれば、血液やリンパ液は順調に流れて、むくみが解消されていくのです。

それに正しい姿勢を続けることは脂肪燃焼の効率を良くすることにもなります。脂肪が燃焼したあと、締め付けられた部分で締め付けが続けば、そこで肥大することをやめようということになります。そのように腹や二の腕などについた脂肪が自然に減っていけば、何もしていない状態でも理想のスタイルに近くなっていくというのが期待できる効果です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*