Skip to content

あごにニキビが出来てしまうのは何故

あごにニキビができることがありますが、意外と目立つものです。

しかも治ったと思ったら、また出てきたりと、繰り返しやすい特徴もあります。原因を考えたとき、男性であれば、毎日のシェービングであると思いつくでしょう。では、ひげ剃りの習慣もない女性の場合は、何が原因なのでしょう。女性があごにニキビができる原因として考えられるのが、体内におけるホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れることにより、男性ホルモンの分泌量が増加します。

男性ホルモンというのは、過剰に皮脂分泌をさせることにもなるのです。そうなると、古い角質や角栓などが、毛穴にも詰まりやすくなります。これが、顔のあご部分にもニキビをできやすくする要因となるのです。普段はあまり意識しないかもしれませんが、あごのゾーンは意外と乾燥しやすい部位です。外部刺激から肌を守るため、皮脂は大切なものです。しかし乾燥することで、過剰な皮脂分泌につながります。

乾燥は、肌荒れを引き起こしてしまう要因ともなるので、乾燥を感じたら水分を与えることが必須となります。あごにニキビが出来たら、改善のためにも保湿をすることです、これは治すためだけではなく、防止していくためにも大切なことです。毎日行うスキンケアでは、顔全体を保湿しながら、特に気になる部分を重点的に、コットンパックしてみるのもよいでしょう。化粧水をつけるときには、肌に強い刺激を与えないようにして、ハンドプレスするのも良い方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *